お料理

神田川 監修

特選門前懐石 

厳選した食材を選び抜き、
盛夏を彩る美をあしらった料理の数々。
料亭 神田川が持てる技の限り、
贅の限りを尽くした至極の懐石です。

◆先付 -伊勢海老薬膳和え-
葱や人参、紅立などの錦野菜やナッツ類を添えた料亭『神田川』の代名詞、薬膳和え。全てを合わせて食せば、
伊勢海老の甘みが際立ち濃厚な旨味が口の中に広がります。

◆お椀 -鱧葛打ち-
産卵期を控え脂の乗った旬の鱧は、淡白ながらも深い甘みが特徴。葛粉をまとわせ茹でることで、
柔らかな触感はそのままに上品な旨味を閉じ込めました。

◆強肴 -あわびステーキ-
徳島産の肉厚な鮑を贅沢にステーキで。添えるのは、醤油と合わせて作る濃厚な肝ソース。鮑本来の旨味と肝の風味が共存する、
料亭『神田川』自慢の逸品です。

◆炊合 -大和牛しゃぶ煮 丸茄子オランダ煮-
油で揚げた食材に、醤油やみりん、出汁を合わせて唐辛子と煮る“オランダ煮”。
肉質が良く煮崩れしにくい大和の伝統野菜、大和丸茄子を主役に、かもじ葱と七味が風味を添えます。

※仕入状況により提供する料理は異なる場合があります。

神田川 監修

特別門前懐石 

蓮の花咲く夏の盛りに相応しい、特別なひと時を。
奈良を中心に厳選した季節の旨味と、
工夫を重ねた技の極みをご堪能下さい。

◆先付 -胡麻豆腐-
胡麻と葛を丹念にすり潰した胡麻豆腐は、シンプルながらも味わい深い奈良の郷土料理。旬の雲丹やキャビアを添えて、
贅沢な味覚を一皿で。

◆お椀 -鱧葛打ち-
産卵期を控え脂の乗った旬の鱧は、淡白ながらも深い甘みが特徴。葛粉をまとわせ茹でることで、
柔らかな触感はそのままに上品な旨味を閉じ込めました。

◆焼物 -あわびクリーム焼-
刻んだ蒸し鮑とホワイトソースを絡め、パン粉をまぶして焼き上げました。鮑の貝殻を器として使用し、目でも楽しめる彩り豊かな逸品です。

◆炊合 -大和牛しゃぶ煮 丸茄子オランダ煮-
油で揚げた食材に、醤油やみりん、出汁を合わせて唐辛子と煮る“オランダ煮”。
肉質が良く煮崩れしにくい大和の伝統野菜、大和丸茄子を主役に、かもじ葱と七味が風味を添えます。

※仕入状況により提供する料理は異なる場合があります。

神田川 監修

門前懐石 

魚すくい、花火、川遊び…
大人になっても色褪せない、
夏の思い出が蘇る“彩”を散りばめました。

◆先付 -玉子豆腐-
厳選した卵と出汁を丁寧に裏ごしし、じっくり蒸しあげた逸品。
魚のすり身を加熱した魚素麺、風味豊かな湯海老、旬のオクラが彩を添えます。

◆替り -一口三輪素麺-
1200年の歴史を誇る奈良の味、三輪素麺。手作業にこだわる妥協ない手法から生まれた、強いコシと風味をお楽しみください。

◆焼物 -鰻たれ焼き-
古くは万葉集にもその効能が説かれた、夏バテ対策の定番。鹿児島産の肉厚な鰻を、何度もたれにくぐらせ焼き上げました。

◆温物 -大和肉鶏の小鍋仕立て-
悠久の歴史を刻む奈良が誇るブランド鶏、大和肉鶏を小鍋仕立てで。適度な脂肪と甘みを持つ、地鶏本来の旨味が特徴です。

※仕入状況により提供する料理は異なる場合があります。

手作り和朝食

◆奈良名物 大和の茶がゆ
焙じ茶で炊き込んだサラッとしたお粥。聖武天皇の時代、南都大仏の建立時に、造営をする人たちが茶かゆを食べていたというのが最も古い記述。
1200年以上前から食されてきた歴史のある名物で、奈良では「おかいさん」の愛称で親しまれています。

◆湯豆腐
奈良で約50年続く大豆問屋直営「豆風花」。大豆のプロが厳選した国産大豆のみを100%使用する、大豆にとことんこだわった豆腐店のお豆腐です。

◆奈良県産ヒノヒカリ
小粒でありながら米自体の厚さがあり、食べ応えや味の評価が非常に高い奈良県産のヒノヒカリをふっくらと丁寧に炊き上げました。

※仕入状況により提供する料理は異なる場合があります。

お子様御膳

お子様連れの会食に是非ご利用ください。
お料理内容につきましては、お子様の苦手な食材やアレルギーなどを考慮してご提供させて頂きます。3日前までに事前にお申し付けください。

※仕入状況により提供する料理は異なる場合があります。

四季折々の

別注料理

季節の恵みを生かした、
一品料理の数々をご堪能ください。

  • ずわい蟹の酢の物

  • 大和牛のしゃぶしゃぶ

  • 大和肉鶏の出し小鍋