春の見どころ おすすめの観光スポット

桜のシーズンを迎える奈良。古都ならではの風情豊かな桜の見所をご紹介いたします

吉野山と飛鳥の桜名所

吉野山

吉野山は、日本を代表する桜の名所であり、山全体が世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に登録されています。
"一目に千本見える豪華さ"という意味で「一目千本桜」ともいわれます。
儚げで可憐な山桜が尾根から尾根へ、谷から谷へと山全体を埋め尽くしてゆく景色は一生に一度は見ておきたい景色です。


<例年の桜の見ごろ…4月上旬~4月下旬>


住所:奈良県吉野郡吉野町吉野山

電話番号:0746-39-9237(吉野町観光案内所)

アクセス:近畿「日本鉄道吉野駅}から中千本公園行き臨時バス約20分、終点下車すぐ

安倍文殊院

500本にも及ぶソメイヨシノが、表山門の参道から本堂、さらに金閣浮御堂の建つ文殊池へと咲き誇ります。安倍晴明公が天文観測をしたとされる展望台から、境内の桜景色が一望できます。お抹茶・お菓子付きで法話をお聞きいただけます。


<例年の桜の見ごろ…3月下旬~4月上旬>


・住所:奈良県桜井市阿部645

・電話:0744-43-0002

・アクセス:JR「桜井駅」または近鉄「桜井駅」から徒歩20分。お車の場合は、南阪奈道路葛城ICから約25分

石舞台古墳

約30個の巨石を積み上げて作られた日本最大級の横穴式石室古墳。盛土が失われ、露出した天井石の上面が広く平らなことから、「石舞台」と呼ばれています。菜の花と桜のコラボも見どころのひとつ。春の花々に囲まれた荘厳な石の存在は圧巻です。


<例年の桜の見ごろ…3月下旬~4月下旬>


・住所:高市郡明日香村島庄254番地

・電話:0744-54-4577・9200 (一般財団法人明日香村地域振興公社)

・アクセス:近鉄「橿原神宮前駅」東口または「飛鳥駅」から、奈良交通明日香周遊バス「石舞台」下車すぐ

信貴山朝護孫子寺

信貴山の中腹にある、福徳開運の毘沙門天で親しまれている寺院です。信貴山の毘沙門天王は寅に縁のある神として信仰されています。桜の中に佇む虎の姿は、どの季節のときよりも愛らしく感じられます。


<例年の桜の見ごろ…3月下旬~4月上旬>


・住所:奈良県生駒郡平群町信貴山2280-1

・電話:0745-72-2277

・アクセス:JR「王寺駅」または近畿日本鉄道「信貴山下駅」からバスで信貴大橋下車すぐ 。お車の場合は、西名阪自動車道法隆寺ICから約30分。

大和郡山城ライトアップ

「日本さくら名所100選」に選定されてる大和郡山城の桜。城跡一帯に約800本の桜がお堀を囲むように咲き乱れ、「御殿桜」とも呼ばれています。期間限定で行われるライトアップでは、夜桜と大和郡山城の幽玄な雰囲気に酔いしれることができます。


<例年の桜の見ごろ…3月下旬~4月上旬>


・住所:奈良県大和郡山市城内町

・電話:0743-52-2010

・アクセス:近畿日本鉄道「近鉄郡山駅」から徒歩7分。JR「郡山駅」から徒歩15分 。
お車の場合は、西名阪自動車道郡山ICから約20分。

奈良・京都の社寺にて
特別参拝・公開

【特別公開】薬師寺

【西塔初層内陣 釈迦四相像 特別公開】(開催時期)2020年3月1日〜6月30日

彫刻家の中村晋也氏制作「西塔初層内陣 釈迦四相像」が特別公開されます。お釈迦様がお悟りを開かれてから後の生涯をブロンズ群像で表現。貴重な特別公開の時期に、迫力ある彫像をぜひ間近でご拝観ください。
また、薬師寺の駐車場と南門との間には近鉄の線路のそばに桜並木もあり、広い境内を桜を探してめぐることもできます。


<例年の桜の見ごろ…3月下旬〜4月上旬>


・住所:奈良市西ノ京町457

・電話:0742-33-6001

・アクセス:近鉄「西の京駅」下車すぐ。または、JR「奈良駅」六条山行バス薬師寺下車すぐ

【特別参拝】春日大社

【国宝御本殿特別参拝 神職の案内付】

春日大社は4月末~5月上旬に見ごろを迎える藤の花が有名ですが、南大門の傍らにたたずむ枝垂れ桜も密かな人気があります。朱塗りの門と石灯籠に囲まれている姿は、美しさと同時に雄大さを感じます。
縁結びのパワースポットとしても知られている春日大社を、神職のご案内とともにごゆるりとご堪能いただけます。


<例年の桜の見ごろ…3月下旬〜4月上旬>


・住所:奈良市春日野町160

・電話:0742-22-7788

・アクセス:JR「奈良駅」近鉄「奈良駅」から奈良交通バスで春日大社本殿行「春日大社本殿」下車すぐ。または市内循環・外回り循環「春日大社表参道」下車,徒歩約10分。

【特別公開】東寺

【宝物館 春期東寺 特別公開】(開催時期)2020年03月20日(金・祝)~2020年05月25日(月)

2020年は、宝物館の開館55周年を記念し、修理が完了して間もない重要文化財二間観音が25年ぶりに公開されるほか、密教工芸や、書跡・典籍・古文書など、国宝や重要文化財を含む貴重な寺宝が展示されます。国宝1200年にも及ぶ東寺の歴史が感じられる、貴重な機会です。
花の見所の「不二桜」と命名された八重紅しだれ桜は、近年新たに植樹されたものです。五重塔と並んだ美しい花姿は、なんとも京都らしく風情たっぷりです。河津桜やソメイヨシノも咲き、春の境内がいっそう華やぎます。


<例年の桜の見ごろ…3月下旬〜4月中旬>


・住所:京都府京都市南区九条町1

・電話:075-691-3325

・アクセス:JR「京都駅」から徒歩で15分



和空シリーズWAQOO series