料理人のこだわり

北新地の名店「神田川」店主
神田川俊郎氏による大和野菜を使った特別料理

一に心 二に材料 三に細工

色・かたち・味を大切にしながら地産地消を大事にし、季節に応じた献立

神田川 俊郎
全日本調理師協会名誉会長 神田川 俊郎

日本の台所でもある大阪・北新地で「神田川本店」など名だたる名店を現役で仕切る料理人、神田川俊郎氏。「全日本調理師協会名誉会長」、「日本食普及の親善大使」など数々の肩書を持つ日本料理界のトップが大和野菜など奈良の食材を中心に、和空法隆寺でしか食べられない特別な料理をプロデュースしました。

松浦 修
和空法隆寺 総料理長 松浦 修

ここ和空法隆寺では古都奈良の食材、大和肉鶏や大和牛、いろいろな野菜など四季折々を生かし伝統を継承しつつ新しい技法を取り入れ、日々料理道を追求しお料理をお出ししています。

一九六六年九月七日生まれ出身地三重県
昭和五八年より京都阪口にて料理人を志す
ロイヤルオーク滋賀、京料理ふじ田、
京都ブライトンホテルなどで勤務。
その後花かがみ、ホテルふきの湯、
三井ガーデンホテル別邸居様などで料理長を務める。

平成十九年 京都府の現代の名工 授与
平成十九年 厚生労働大臣表彰 授与

松浦が語る

見出しが入ります

テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。
テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。

見出しが入ります

テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。
テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。テキストが入ります。